婚活の悩み

婚活で「お断りした相手にすればよかった」の後悔を無くす方法

投稿日:

結婚を考えた時に、大半の人が経験している後悔があります。それが「婚活で断った相手にしておけばよかった」という話。

婚活イベントは色んな異性と出会える反面デメリットも。

それは「良い人だと思うけど、さらに良い人に出会えるかも?」と、より高みを目指したくなる点ですw

 

これによって、以前お断りした相手が「実は出会いをトータルで見るとかなり良い人だった」と後悔する話に繋がってきます。ちなみに、ぼくも何度か悩まされていますw

そのため「お断りした相手にすればよかった」の後悔を無くす方法で婚活をするようになりました。すぐに出来ることなので、参考にしてください。

婚活で出会った異性は、一人に絞る必要はない

対策として、婚活で出会う異性は一人に絞って交際しないことでしょう。これに尽きます。

ぼくを含めて真面目な人にありがちですが、「複数の異性と会う=倫理に反すること」と考えがち。一人に決めたら、その人とだけしか会えないと思わないこと。

なぜかというと、婚活は恋人探しをしているのではなく「結婚相手」を探しているから

 

「結婚相手を探す=将来を共に歩むパートナー」であるため、一人に絞って関わっていくのはなかなかリスクがあるとも言えるんですね。

良いなと思って会っていても、価値観が合わないかもしれない。思ったより好きになれなかった・・なんてことも起こりえます。

その時に、以前に出会った人を切っているともう戻れないということ。婚活では「一人に絞るのは誠実なようで、ただのリスク行為」だと認識しましょう。

 

気持ちは分かるんですよね。一人にしないと、他の異性に失礼な気がする・・という感覚。

これは女性ならふつうにやってるんですが、男性ってすぐ浮気とか言われるのでw真面目な人も多いので、実際できてないことなんですよ。

 

家を買う感覚に置き換えると分かりやすいですよ。

高価な家を買うのに、いきなり1か所の不動産屋で買う人はバカじゃないですか。ちゃんと比較しないと失敗しますよ~。

 

複数の異性と交際する方法

ここで気になるのは、複数のお相手と関わることに抵抗のある人がいる点です。最初から気にしない人はやっていますが、複数と会うことに申し訳なさを感じる人もいます。

そんな方ほど、少し誤解をしていたりします。

 

複数交際をするというのは、何も「大勢の異性と付き合う」なんて大それた話をしているんじゃないんですよ。

せいぜい、「お茶友達」みたいな感じをイメージするだけでいいんです。友達以上、恋人未満くらいの関係ですね。

ひょっとすると・・この先に関係の発展があるかも?という余地を残しておくわけです。

 

そうすることで、付き合っているわけではないけど緩く繋がることが出来るようになります。

複数の人と会うようになると、「この人は合う・合わない」を判別できますよね。そこで、ふと見渡した時に「やっぱりこの人がいちばん相性が良い」と思える人が出てきます。

 

その異性が決まれば、ようやく一人に絞れるということですね。この手順を踏まないと、婚活で知り合った段階なのに「良い人だと思うけど・・どうしよう」と迷って切ったりするんです

婚活で「ちょっと気になるけど"この人!"と決められるほど絞れない」という時には、まずは気楽に関係を繋げるようアプローチしておくといいですよ。

別にアプローチした相手と絶対に結婚するわけじゃないんでw

 

別の異性といるところを見られたくないなら「事前報告」はしておけ

ちなみに、複数の異性と関わりつつデートをする際に、小さな街だと「別の異性といるところを関係のある人」に見られることもありえます。

ぼくの住んでいるところも、デートスポットなどは決まっているので見つからないかヒヤヒヤしてたりするんですよw

 

そういうケースに対応するためにも、お相手にはしっかり説明を入れておきます。

人それぞれに言い方はありますが、以下のような言い方で「複数の人と会う可能性がある」と伝える方法はいくらでもあります。

 

婚活中なので、価値観や結婚観をお話しできればと思っております。その際に、色んな方のお話を聞いて交際するかどうかが決められたらと考えています。

もちろん、どちらにも言えることですので交際相手が決まるまでは○○さん(お相手の名前)も別の方とお会いして頂いて結構です。

お互いにとって良い将来に繋がるようにお話させてください。

 

全て真似をしろとは言いませんが、少なくともこういう言い回しが出来ていると、なあなあで会って時間だけが過ぎる恐れはありません。

男女どちらも結婚を目指しているので、「複数の人と会うこと=悪い話ではない」という意識を伝えましょう。後ろめたくない真っ当な婚活をアピールすることで誠実さが逆に伝わりますよ

結婚の話も出さずどっちつかずの話ばかりで、会ったけどお茶してデートして・・特に話を詰めないまま消滅のパターンの方がお互いに不安です。

 

「この人は何を考えてるんだろう?結婚を意識して会っているんだろうか?」と相手に思われてしまうと逆に損です。

こうやって、ぼくはある程度の目的を決めて婚活をしていますね。婚活イベントで緩く繋がるので、「とりあえずお話だけでも」という関係が作りやすいです。

 

お会いして話す中で、良ければ関係も継続しますし何か違うと思えばそこで終了すればいいだけ。

特に非モテとして慣れていないと、一人に集中して勝負しがちなのでお気を付けくださいませ。婚活イベントはそういう目線で見ると、すごく優れたツールになります。

ぜひ後悔することのないように、断るにもじっくり見定めてから判断する習慣をつけるとまた違った婚活ができるようになります。

おすすめ婚活サイト厳選3つ ぼくもリアルに使ってますw

婚活パーティーに参加したいけど、良いイベント会社がわからない

初めてイベントに参加する際に、参考にしたい口コミや評判が思うように見つからない時ってありますよね。

しかし、当ブログの読者さんなら管理人のぼく自身が行ったこともあるイベント会社を利用されることをオススメします。口コミ体験レポも実際に書いてるので参考にして下さい。

3位 OTOCON (おとコン)

【おすすめポイント】

  • カップリング率が高かった
  • 少し結婚を急ぎたい方向けだった

おとな婚活の意味で作られたおとコン。ぼくが参加したイベントも、30代くらいの方が多い印象でしたね。男性同士なので正確な年齢は不明ですが。

女性は20代後半からと、男女どちらも結婚適齢期を意識して集まっていました。イベント内容にもよりますが、まずカップリングをしたい方はここを狙うと良いですよ。

その証拠に、ぼくはムリでしたが男女比7:8なのに5組もカップリングしてたので。ごくふつうに結婚意識の高い方はまとまるのが早いはず。

2位 PARTY☆PARTY (パーティーパーティー)

【おすすめポイント】

  • 企画イベントの幅が広い
  • スタッフさんも丁寧に教育されている

ここを利用したのは企画イベントに幅広さを感じたからです。「年齢幅」で企画されるパーティーは多いんですが、ここは色んな条件でセッティングしてくれます。

年齢はもちろん、趣味や結婚意識の手前(恋人探し)といった選べる条件は気軽な婚活をしたい人に向いています

スタッフさんの教育もしっかりしており丁寧対応。ぼくが参加した時には、女性が1名来れなくなって「次回割引」のサービスもありましたね。

トラブル時のケアも雑なイベント会社は雑なので、個人的にはしっかり評価しています。すでに何度か参加してますが、女性もステキな子が多いですよ。

1位 EXEO(エクシオ)

【おすすめポイント】

  • 一度に集まる人数が多いのでお得感がある
  • 全国展開している信頼と実績アリ

エクシオは人が多いです。ぼくが参加レポを書いた時は、男女比9:10だったんですが。別の開催日に行くと、15人くらい集まっていたりと多め。

人が多いと選べるお相手も増えますし、何度も通う手間が省けます。お金の話にもなりますが、お得感も出るのでw

全国展開してるだけあり、信頼して参加できるのはポイントです。

人が足りない時にはメールが入ってきており、人数減になりそうな際にもしっかりフォローしている運営だなと感じました。

プロフィールカードも書きやすく、わかりやすい進行に大満足です。

-婚活の悩み

Copyright© オレの真似をすれば結婚できる〜婚活はプロでなく非モテにならえ〜 , 2021 All Rights Reserved.